一本橋(平均台)の走り方

一本橋とは、正確には『直線狭路コース』といい、長さが15メートル、幅が30センチメートル、 高さが5センチメートルの平均台をふらつきや脱輪、転倒、エンストなどをしないで低速でバランスを保ちながら安全に走行する練習です。

通過目標タイム 小型二輪 5秒以上
普通二輪 7秒以上
大型二輪 10秒以上
一本橋(平均台)の走り方

走り方のポイント

  • 一本橋(平均台)の手前3メートルの所に停止線があるので必ずその手前で一時停止します。
  • 発進するときは、ロー・ギアを使って静かに出ます。
  • そのままの速度を維持しながら一本橋(平均台)の3分の1ぐらいまで進みます。
  • 残りの3分の2をこのままの速度で進んでしまわず、半クラッチとリヤ・ブレーキを使って時間をかせぐようにします。

ライディングアドバイス

  • 平均台では両膝でタンクをしっかり挟んで(ニー・グリップ)バイクと体が一体化するように安定させます。
  • 視線は平均台の出口付近におき、出口に近づくにつれて先の方にむけるようにします。
  • ハンドル操作は早めに小さく行い、バランスを修正し、ふらつくときは少しアクセルを回すようにします。
  • できるだけ近くと遠くを繰り返し見ながら確認をしていくと良いでしょう。

注意!!試験ではこれは減点/中止行為だ。

  • 一本橋(平均台)を踏み外すと試験中止になります。
  • 一本橋(平均台)を規定時間(小型二輪5秒・普通二輪7秒・大型二輪10秒)以上の時間をかけて通過しなかったとき減点となります。
  • 一本橋(平均台)走行中にステップから足を離し、ふらついたとき減点となります。

一覧に戻る

お申込・資料請求・お問合せはこちらへ

お申込み 資料請求(無料) お問合せ

普通二輪
大型二輪
関東エリア 東海エリア 近畿エリア 中国エリア
関東エリア 東海エリア 近畿エリア 中国エリア
お電話での受付はこちら お申込はこちら! 資料請求する!
ページの先頭へ